【フィリピン・マニラ】のおすすめ動物病院・3選!

こんにちは、はなお(@oiuioi2)です。

大事な犬・猫ちゃんのかかりつけ動物病院。信頼できていざという時に通える病院をみつけることは、飼い主としてかなり重要ですよね。

さらに海外での動物病院探しとなると、言葉の問題や技術力など、色々と心配なことが多いかと思います。

不安なねこ

日本語は通じる?信頼できる?費用は?

この記事では、ねこ2匹と犬1匹を日本から連れてきて、これまで9匹の猫を保護してきた私が通っている動物病院をご紹介します。

結論からいいますと、状況によって使い分けたり、セカンドオピニオンを求めて複数の動物病院へ通っています。

これまで受けた治療・処置としては、

  • わんこの避妊手術 1回
  • ねこの避妊・去勢手術 5回
  • 皮膚の炎症の治療
  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 駆虫
  • ワクチン接種

などがあります。

マニラのおすすめ動物病院①:BSF Animal clinic

BGCにある動物病院です。とにかくきれい。

ドクターは5名以上常駐し、待ち時間が少ないことが多いです。


場所はブルゴスサークルの近く。とても通いやすい場所です。

 

よいところ

  1. 待ち時間が少ない
  2. 血液検査結果がその場で聞ける
  3. きれい
きになるところ

  1. 診察費用は日本と変わらない
  2. 先生により診察の質にばらつきも
  3. 業務的な対応に感じることもあり

よいところ
病院はきれいで新しいです。
いつも患者が多く賑わっていますが、ドクターの数が多く待ち時間は短めです。
また、エイズ・白血病検査や血液成分検査の結果をその場で聞けるのも安心です。
かなり熱心に猫の保護活動をしているフィリピン人女性に聞いたところ、彼女もここがおすすめということでした。

いまいちなところ
診察代は日本と変わらないので、やはり他の病院よりは割高なのではないかと思います。
またこれは日本でも同じことですが、ドクターが複数いるためドクターによって診察の質が異なるように感じます。そのため、良いドクターにあたれば「とても良い診療」で、そうでない場合は「業務的で抜けがありそうな診療」だと感じることがあります。もちろん指名はできるので、信頼できるドクターに出会えたら名前を聞くとよいかと思います。

一番安定しておすすめできる病院だと思います。
対応は英語・フィリピノ語となりますが、聞きたいこと、気になることは遠慮せずにこちらからばんばん聞いた方が良いと思います(聞かないと詳しく説明してくれないドクターもいるので)。

緊急対応(emergency)も可能です(連絡先は下記Facebookに記載あり)。

BSF animal clinicの基本情報

BSF animal clinic

マニラのおすすめ動物病院②:Mandaluyong animal care Dog and Cat hospital

マンダルヨンにある動物病院です。

ここは、PPBCC(Philippines pet birth control center)という去勢・避妊を低価格(500PHP〜)で行う医療機関併設の病院で、虫下し・ワクチン摂取・去勢・避妊手術などよくお世話になっています。

当時通っていた日本語が使える動物病院の去勢費用が日本より高かったことからFacebookの猫コミュニティでフィリピンの人たちへ聞いたところ、たくさんの人がここをおすすめしてくれたので通うようになりました。

はなお

よいところ

  1. 信頼できる先生が多い
  2. 明瞭会計
△なところ

  1. 遠い
  2. 施設は古い

よいところ
お会計が明瞭です。保護猫活動に生活費の20%以上を使っている中、他の病院よりは割安で助かっています(庶民なので、、)。
また施設自体は簡素ですが、良い先生ばかりでカウンセリングもしっかりしており、丁寧な対応に感謝しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy Vets 👨🏼‍⚕️💉🔬😷🙏🏻🐿🦌🐕🐖🦍🐩🦌🐈🕊🦏🐇🐁🦃🐀

Gibran Karl Alonzoさん(@gibrankarldvm)がシェアした投稿 –

△なところ
個人的なことですが、マンダルヨンなのでマカティからは少し遠いです。Grabの場合ペット連れ長距離移動は気まずい場合があるので、会社のドライバーさんに手伝ってもらえる時だけ通っています。
また特に「マイナス」ではないですが、施設自体は簡素なので、「新しい感じのところがいい!」という方にはおすすめしづらいです。

Mandaluyong Animal careの基本情報

Mandaluyong animal care Dog and Cat hospital

マニラのおすすめ動物病院③:Hana Pet Wellness Center

マラテのOcampo st.にあるこの病院は、日本で獣医をされていたというN先生とフィリピン人の奥様J先生の病院です。

マニラの動物病院についての記事を探したところ、「日本人の先生がいる」という記事をみつけ、引っ越し後まもなく通いはじめました。

基本的には日本語が上手な奥様(J先生)が担当されており、日本語と英語でやりとりしていました。
日本人のN先生は常駐されていないのですが、いらっしゃる時はゆる〜く日本人対応をされています。

日本からきてここに住んでいる「シロちゃん」

ただ、この1年はお二人にお会いする機会はあまりなく、平日の診察は1名のフィリピン人ドクターに任されている事が多いようです(英語・タガログ対応)

よいところ

  1. 診察がていねい
  2. ご夫婦がいらっしゃる時は、日本語対応が可能
  3. ホテル利用も可
きになるところ

  1. 診察費用が日本と変わらない
  2. 血液検査は外部委託(翌日以降の結果告知)
  3. サプリメントを大量に処方される

よいところ

ご夫婦がいらっしゃれば日本語対応も可能です。

本人(猫・犬)とも人間ともよく話し、温かみのある丁寧な対応です。
意外と処置は慎重で、他の病院ではフロントラインや薬を与える場面でも、「まだ小さいから」と処置されないことが多いです。

いまいちなところ

処置費用は日本と変わりません。
またサプリメントをかなり処方されるため、サプリの支払いだけで8,000円超過、、ということも少なくありません。

他の病院ではサプリメントは処方される場合であっても1.2種類なので、なんだかなあ、、と思うことがあります。

このように、費用の面では「うーん」と思うところが『かなり』ありながらも、ここは海外。
いざという時に日本語で相談できる可能性がある病院があるのは、かなり助かりますね。

またここ1年代理で対応されているドクター・助手のみなさんも、動物が好きなんだろうな〜と伝わる優しい対応なので、これからも通いたい病院の一つです。

Hana Pet Wellness Centerの基本情報

GoogleやFacebookでは「Hanna」表記ですが、「Hana」が正しいとのことです。

Hana pet wellness center の基本情報

  • 住所:1266 P. Ocampo St., corner G. del Pilar St., 756, Manila, 1110 Metro Manila
  • 電話番号: (02) 400 2372, 0916 415 8426
  • 営業時間:   月〜 AM11:00-PM8:00
  • facebook: https://www.facebook.com/HannaPetWellness/

知っておきたい単語

少しですが、通院の際によく使う言葉を集めました。

Deworming・・・駆虫

Flea・・・ノミ

Tick・・・ダニ

Vaccination・・・ワクチン接種(発音注意)

Viral infection・・・ウィルス感染

Vomiting・・・嘔吐

Diarrhea・・・下痢

Anti rabies・・・狂犬病予防

Boarding・・・ペットをホテルへ預ける

Spay ・・・雌の避妊手術

Neuter・・・雄の去勢手術

Malnutrition・・・栄養失調

Puspin・・・フィリピンの猫(Domestic short hair)
Aspin・・・フィリピンのわんこ

まとめ

相談できる病院が複数あると、セカンドオピニオンがほしいときに安心ですよね。
他にも気になる病院があるので、新しい情報があればこちらの記事を更新していきたいと思っています。

もし、ねこやわんこに関し質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
子猫の猫白血病(FeLV) が陰転するまでの日々(前編) 子猫の猫白血病(FeLV) が陰転するまでの日々(後編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください