【フィリピン・マニラ】のおすすめ動物病院・3選!

こんにちは、はなお(@oiuioi2)です。

大事な犬・猫ちゃんのかかりつけ動物病院。

いざという時に信頼して相談できる病院や先生をみつけることは、飼い主としてかなり重要ですよね。

一方海外での動物病院探しとなると、言葉の問題や技術力などで色々と心配なことが多いかと思います。

不安なねこ

日本語は通じる?信頼できる?費用は?

この記事では、ねこ2匹と犬1匹を日本から連れてきて、これまで13匹の猫を保護してきた私が通っている動物病院をご紹介します。

結論からいいますと、状況によって使い分けたり、セカンドオピニオンを求めて複数の動物病院へ通っています。

これまで受けた治療・処置としては、

  • わんこの避妊手術 1回
  • ねこの避妊・去勢手術 5回
  • 皮膚の炎症の治療
  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • 駆虫
  • ワクチン接種

などがあります。

マニラのおすすめ動物病院①:ANIMAL HOUSE Veterinary Hospital

1986年に、フィリピン大学を卒業した2人の獣医師によって設立された動物病院です。

現在、マニラ首都圏に10の支店が開院されています。

私はマカティのJupiter.stにある支店を利用しています。

はなお

よいところ

  1. 診察が丁寧
  2. 血液検査・超音波検査・レントゲンなど即日対応可能
  3. 入院時はほぼ毎日SMSでレポートを受け取ることができる
  4. 24時間対応可
  5. ホテル利用も可
きになるところ

  1. 大きな病院のため、先生によって熱心さが違うと感じる
  2. 待ち時間が長いことが多い
  3. 通院時、先生が変わって引継ぎがされていない事がある

よいところ
これまで通ったフィリピンの動物病院の中で、最も信頼できる病院だと感じています。
説明が明確で、不自由な英語もキャッチしていただき、助かっています。

また、病院によっては『検査の解析が外部委託のため、結果の連絡が翌日以降』といった所が少なくないのですが、ここはその場で検査結果を聞くことができます。

また、トリミング・グルーミングをお願いすることも可能です。

気になるところ
仕方がない事ですが、先生によって熱心さが異なると感じます。

はじめて病院を訪れた際は、『本当に動物が好きなんだろうな』と感じる先生と、てきぱきした動物看護士の方に対応していただき、涙が出たほどでした。

しかし、中には大変事務的に感じる先生もおられます。

大病院である限り、先生の熱心さへのばらつきがある事はどこでも変わらないのかもしれません。

Royal caninとHill’sのフードを幅広く取り扱っており、ペットショップよりかなり安価で購入できます。

ANIMAL HOUSE Jupiter店の基本情報

ANIMAL HOUSE Jupiter店の基本情報

マニラのおすすめ動物病院②:BSF Animal clinic

BGCにある動物病院です。とにかくきれいな病院で、場所柄外国人が多いと感じます。

ドクターは5名以上常駐し、待ち時間が少ないことが多いです。

場所はブルゴスサークルの近く。とても通いやすい場所です。

よいところ

  1. 待ち時間が少ない
  2. 血液検査結果がその場で聞ける
  3. きれい
になるところ

  1. 診察費用は日本と変わらない
  2. 先生により診察の質にばらつきも
  3. 業務的な対応に感じることもあり

よいところ
病院はきれいで新しいです。
いつも患者が多く賑わっていますが、ドクターの数が多く待ち時間は短めです。
また、エイズ・白血病検査や血液成分検査の結果をその場で聞けるのも安心です。
かなり熱心に猫の保護活動をしているフィリピン人女性に聞いたところ、彼女もここがおすすめということでした。

気になるところ
診察代は日本と変わらないので、やはり他の病院よりは割高なのではないかと思います。またこれは日本でも同じことですが、ドクターが複数いるためドクターによって診察の質が異なるように感じます。そのため、良いドクターにあたれば「とても良い診療」で、そうでない場合は「業務的で抜けがありそうな診療」だと感じることがあります。もちろん指名はできるので、信頼できるドクターに出会えたら名前を聞くとよいかと思います。

対応は英語・タガログ語となりますが、聞きたいこと、気になることは遠慮せずにこちらからばんばん聞いた方が良いと思います(聞かないと詳しく説明してくれないドクターもいるので)。

緊急対応(emergency)も可能です(連絡先は下記Facebookに記載あり)。

BSF animal clinicの基本情報

BSF animal clinic

マニラのおすすめ動物病院③:Mandaluyong animal care Dog and Cat hospital

マンダルヨンにある動物病院です。

ここは、PPBCC(Philippines pet birth control center)という去勢・避妊を低価格(500PHP〜)で行う医療機関併設の病院で、虫下し・ワクチン摂取・去勢・避妊手術などよくお世話になっています。

当時通っていた日本語が使える動物病院の去勢費用が日本より高かったことからFacebookの猫コミュニティでフィリピンの人たちへ聞いたところ、たくさんの人がここをおすすめしてくれたので通うようになりました。

はなお

よいところ

  1. 信頼できる先生が多い
  2. 明瞭会計
△なところ

  1. 遠い
  2. 施設は古い

よいところ
お会計が明瞭です。保護猫活動に生活費の20%以上を使っている中、他の病院よりは割安で助かっています(庶民なので、、)。
また施設自体は簡素ですが、良い先生ばかりでカウンセリングもしっかりしており、丁寧な対応に感謝しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy Vets 👨🏼‍⚕️💉🔬😷🙏🏻🐿🦌🐕🐖🦍🐩🦌🐈🕊🦏🐇🐁🦃🐀

Gibran Karl Alonzoさん(@gibrankarldvm)がシェアした投稿 –

△なところ
個人的なことですが、マンダルヨンなのでマカティからは少し遠いです。Grab petは捕まりにくいこともあり、会社のドライバーさんに手伝ってもらえる時だけ通っています。また特に「マイナス」ではないですが、施設自体は簡素なので、新しい感じとが好みという方にはおすすめしづらいです。

Mandaluyong Animal careの基本情報

Mandaluyong animal care の基本情報

知っておきたい単語

病院でのやり取りは、英語です。
私は英語が全く得意ではないですが、先生が下手な英語を忍耐強く聞いてくださることもあり、なんとか対応できています。
しかしやはり細かいニュアンスを伝えらえずに質問しきれないこともよくあります。

また特に最初は日常では聞くことがない医学用語に頭が「???」となることも多かったです。
そのことから、少しですが通院の際によく使う言葉を集めました。

Deworming・・・虫下し

Flea・・・ノミ

Tick・・・ダニ

Vaccination・・・ワクチン接種(発音注意)

Viral infection・・・ウィルス感染

Vomiting・・・嘔吐

Diarrhea・・・下痢

Anemia・・・貧血

Malnutrition・・・栄養失調

Anti rabies・・・狂犬病予防

Boarding・・・ペットをホテルへ預ける

Spay ・・・雌の避妊手術

Neuter・・・雄の去勢手術

Puspin・・・フィリピンの猫(Domestic short hair)
Aspin・・・フィリピンのわんこ

まとめ

相談できる病院が複数あると、セカンドオピニオンがほしいときに安心ですよね。
他にも気になる病院があるので、新しい情報があればこちらの記事を更新していきたいと思っています。

もし、ねこやわんこに関してのご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。
子猫の猫白血病(FeLV) が陰転するまでの日々(前編) 子猫の猫白血病(FeLV) が陰転するまでの日々(後編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です