【出国税?】フィリピンを出国する時に必ず支払う税金についてまとめました【9Gビザ】

こんにちは、はなお(@oiuioi2)です。

9G(就労)ビザを持っているみなさんは、フィリピンを出国する時に空港で支払う税金について、くわしく理解されていますか?

ACR I-card(外国人登録証)
私はなんとなく『出国税』だと思って支払うだけで、何のお金なのか分かっていませんでした。。!

はなお

出国の度に支払う4,000円〜6,000円の決して小さくないお金。

先月出国した際に改めてレシートを見て色々と調べ、この税金についてほぼ理解できましたので、情報をまとめてみました。

私のように「何を支払ってるか理解していない」という方は、あまりいないのかもしれない、、とも思うのですが、

  • 9Gビザを取得して初めて出国するから、情報を知りたい
  • これから駐在・就職・起業予定で、9Gビザのことを知りたい
  • これまで支払ってたけど、何の税金かよく分かっていなかった

という方の参考になればいいなと思います。

通常みなさんは、会社の先輩や友達から情報を得られるのかもしれませんが。。会社に帯同妻の先輩も、友達もいないので、、

はなお

この記事では、

  • なぜ海外へ出る時に大金を支払わなければならないのか
  • ニノイ・アキノ国際空港ターミナル1ー3での支払い場所・注意点(心構え)

について、詳しく解説したいと思います。

9G(労働)ビザってどういうビザ?

9Gビザとは、フィリピンで働く外国人と、その家族に付与されるビザです。

そのため配偶者がフィリピンに駐在している私のビザも、この9Gビザです

【ビザ】労働査証(<9G>Pre-Arranged Employee Visa)
滞在可能日数
1・2・3年更新
取得条件
・個人のみの取得は不可。外国人労働局(DOLE)で労働許可証を取得後、労働査証9Gの申請が可能になる。
《補足》
・フィリピン国内で就労する際は、別途就労許可の取得が必要となる。
・フィリピンでの受け入れ先となる会社や機関の推薦状が必要。
・雇用ビザである9Gビザは、あらかじめフィリピン国内の雇用契約のある外国人同伴または本人の査証認可の日から6ヵ月以内に入国する配偶者および21歳未満の未婚の子供に対し発行される。
・PEZAやCEZAといったある経済特区内にてビジネスを行う企業へ発給されるビザもあり、条件はほぼ同じ
権利
・労働許可証(AEP)が内包されておりビジネスが可能。ご本人+配偶者および21歳未満の未婚の子供も取得可能
(下記に記載したLimonzのサイトから引用)

9G以外のフィリピンのビザの種類については、詳しくまとめられた下記のサイトをご覧ください。
参考 4.フィリピンビザ(居住権)「全14種類」徹底比較Limonz inc

9Gビザ保持者が出国時に支払う税金はいくら?

そしてこの9Gビザ保持者が、マニラのニノイアキノ国際空港から日本を含む海外に渡航する場合、

ビザを取得または更新後の1回目の出国では2,880ペソ(約5,700円)、

 

2回目以降の出国では2,160ペソ(約4,400円)

 

※マニラニノイアキノ国際空港の場合。セブマクタン空港ではもう少し安いと教えていただきました。

の税金を、毎回支払う必要があります(2019年8月時点)。

ちょっと高すぎて、日本の出国税1,000円なんて全然いいじゃん って思ってしまいます。

はなお

出国時の税金の支払い場所は?

マニラの場合、

  • イントラムロスのイミグレオフィス(移民局)で支払う
  • ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)のイミグレにあるCashierで、出国前に支払う

のどちらかになります(支店では支払えません)。
事前に支払えば空港で支払う必要はありませんが、空港での支払いはほとんど時間がかからないので、あえてイントラムロスへ行って支払う必要はないかなと思います。

それではこの税金は、何のために支払うのでしょうか?

出国時に支払う税金の内訳は?

空港でこの税金を支払って渡される2枚綴りのレシートを確認すると、下記のような内訳になっています。

Official Receipt

  1. EMIGRATION CLEARANCE CERTIFICATE—700PHP
  2. HEAD TAX—250PHP
  3. RP/SRC FEE—700PHP
  4. LEGAL RESEARCH FEE—500PHP
  5. EXPRESS LANE FEE—500PHP

(※更新から2回目の出国時のレシートより)

※実際のレシート

「出国するときに必ず払わなければならない税金」という意味では『出国税』とも言えるのですが、実際は少し意味合いが違っていました。
それぞれの項目を確認していきましょう。


EMIGRATION CLEARANCE CERTIFICATE(出国許可証)

Emigration Clearance Certificate略してECCは、『出国許可証』を意味します。

参考:外務省海外安全情報

犯罪を犯していないか

ビザの取得・支払い等が行われているか

の確認の上交付されるものです。

犯罪者や容疑者はここにひっかかり、無断で出国できないものと思われます。ACR-I Card(外国人登録証)で、どこまでそれを追跡できているのかは分かりませんが。

はなお

出国時に必要なECCには2種類あります。留学などでフィリピンに6ヵ月以上滞在した人などが必要なのはECC-A、9G(労働)ビザを付与されてACR-I Cardを持つわたしたちはECC-Bが必要となり、この記事ではECC-Bについてのみまとめています。

※ECCについての参考記事はこちら
参考 謎のECCとは? フィリピン出国手続きについてフィリピンプライマー

HEAD TAX

色々なサイトをみましたが、このHEAD TAXについての詳細が記載されたサイトは、公式も含め見つけられませんでした。

一般的なHEAD TAXの意味を調べると、『入国税』・『対象者全てに課される一定額を課す税金』とあります。
ご存知の方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください!

RP/SRC FEE

RPは、『Re-entry Permit』の略で、再入国許可証という意味です。

次のSRCは『Special Return Certificate』の略で、『出国時と同じ権限でフィリピンに帰る権限を持つことを証明する』という意味です。

LEGAL RESEARCH FEE

これについても、確実な情報をみつけられませんでした。
犯罪履歴があるかの検索料でしょうか。。

EXPRESS LANE FEE

EXPRESS LANE FEEは、空港のイミグレ(入国審査)で優先レーンを使用できる権利のための費用です。

希望する・しないに関わらず請求されるなんて、、とは思いますが、長いイミグレの行列に並ぶ必要がないのは実際楽だと感じます。

ちなみにセブではこのExpress lane feeはかからずに、expressで通過できると教えていただきました。いいなあ。

ニノイ・アキノ国際空港(NAIA)ターミナル1-3での支払い場所は?

9Gビザ(ACR i-card)取得後に初めて海外へ行った2017年の年末に、ターミナル1でこういうことがありました。

なんか、空港で2,000ペソくらい払わなきゃ行けないんだって

配偶者

そうなんだ。どうやって払うの?

はなお

分からないけど、大丈夫とおもうよ

配偶者

どうやって払うんだろう?と思いながら、荷物を預けイミグレ(入国審査)の列に並んだところ、乗り遅れるんじゃないかというくらい長蛇の列。。

いつ2,000ペソを払うんだろう。。乗り遅れそうだし。

はなお

ともんもんと焦っていたところ順番が。すると入国管理官がACR i-CARDを見て、

Cashierで支払う必要があるから、あっちに行って支払ってきなさい

入国管理官

と言います。時間がなくて焦りながらあわてて促された「Cashier」に行きました。するとCashier担当の女性が、

2人で5,760ペソ!

女性

と、高圧的に(聞こえる)言ってきました。

2,000ペソくらい、、と思っていた私たちは、うわーうわさの、空港のあやしいやつだ!と思い、「え?5,760??」「Yes!払わないと出国できないからね(すっごくだるそう)!」などと疑い感満載のやりとりを20秒くらい繰り広げました。
結局不信感を持ちながら支払うと意外とレシートをくれたので、「あれ?」と思いながら優先レーンで入場したのでした。

全てがよく分からず無駄にストレスを感じてしまったのですが、今思えばCashierの女性は高圧的なだけでなにも間違っていないのです(ごめんなさい)。

事前に正しい情報を知らず、『噂に聞く空港職員の詐欺にだまされないようにしなきゃ』と不必要に構えてしまっていたのでした。

はなお

前置きが長くなりましたが、初めて支払う方がこのような気持ちにならないように、空港での支払い場所・支払い時の心構えを以下にまとめました。

ターミナル1の場合

ターミナル1の場合、Cashierはイミグレの右端にあります

STEP.1
チェックインし、Immigration(入国審査)へ向かいます
STEP.2
右端のCashierへ行きます
目の前の『Foreign Passport』の列には並ばず、右側のCashierを目指します。

STEP.3
ACR i-cardとパスポートを提示
この『IMMIGRATION CASHIER』で規定の金額の支払いをします。
STEP.4
レシートと返却物(パスポート・ACR i-card)を受け取る
 
STEP.5
Cashierのすぐ横の優先レーンで入国審査

STEP.6
無事出国!

ターミナル2の場合

横に長いターミナル2ですが、CashierはImmigrationフロアの左端(左奥)にあります。

初めての支払いの時、右側のイミグレの列に並んでしまい、左端に走りましたがCashierも大混雑で本当に乗り遅れそうになり、同じ列の香港行きの女性と励ましあっていました。。

はなお

STEP.1
チェックインし、入国審査へ向かいます
STEP.2
左端のCashierへ行きます
写真がないのですが、Cashierまたは、ACR-i CARDと書かれた列が左端にあります。
STEP.3
ACR i-cardとパスポートを提示し、支払い
ここで注意。2回ほどターミナル2から出国しましたが、ここのCashierブース(1つ)にずらりと並ぶ女性担当者の対応は、『どうしたらこんな風に人に接することができるんだろう、、とびっくりするくらい人の優しさと思いやりと礼儀を全て無くした対応』である可能性が高いです。ずっとお互い喋ってます。
無駄に嫌な思いをしないように、支払い金額を事前に把握し、無の境地でこの場をこなしましょう。

STEP.4
レシートと返却物(パスポート・ACR i-card)を受け取る
STEP.5
Cashierのすぐ横(進行方向前)の優先レーンで入国審査
STEP.6
無事出国!

ここで嫌な気持ちになるのは大変もったいないです。
あらかじめ『対応の悪さはフィリピン1かも。“人としてどうなの”を濃縮した対応が普通』と無の境地で望み、ペソを十分に持っていれば、まったくストレスに感じることはないかと思います(男性職員の方は、普通の対応でした)。

ターミナル3の場合

ターミナル3は、Immigration(入国審査)フロアの右手側にあります。

STEP.1
チェックインし、Immigration(入国審査)へ向かいます
Foreign Passport方面へ進みます。

STEP.2
右手前方のCashierへ行きます
目の前の『Foreign Passport』の列には並ばず、右手前方のCashierを目指します。

STEP.3
ACR i-cardとパスポートを提示
規定の金額の支払いをします。
STEP.4
レシートと返却物(パスポート・ACR i-card)を受け取る
 
STEP.5
Cashierのすぐ横の優先レーンで入国審査

STEP.6
無事出国!

ちなみにターミナル3のCashier担当者はここ2年1人の男性ですが、いつも優しい対応で安心します。

税金支払いのときに気をつけたいこと

ペソは多めに持っていく

よりによってターミナル2からの出国時、ペソが足りずに日本円で(多めに)払ったことがあります。フィリピンペソは多めに持って空港へ行きましょう。クレジットカードは使用できませんでした。

フィリピンに1年以上滞在した場合、別途1,620ペソの支払いが必要です

あてはまる方は少ないかもしれませんが、1年以上フィリピンに連続滞在して出国する場合、別途Travel tax(1,620ペソ)の支払いが必要となります。
参考 Travel taxTIEZA

支払い金額が正しいか、確認する

前述しました通り、ビザ取得後1回目の出国と、2回目以降の出国では支払い金額が違います。
Cashier担当は、パスポートの出入国スタンプをみて金額を判断します。

しかしCashier担当はこれまで半分の確率で、2回目以降なのに

2,880ペソ!

入国管理官

と言われたことがありました。「1回目じゃないです」と伝えると金額が変更になるので、誤った金額を徴収されないように気をつけた方がよいかと思います。

まとめ

数年前までは、「世界最悪の空港」と言われ、恐い印象のあったニノイ・アキノ国際空港。

しかしこれまで2年半何度も使用し、恐いことも、詐欺にあったことも一度もないですし、Cashier以外の職員さんにいやな気持ちになったこともありません。
ドゥテルテ大統領の手腕に感謝しながら、必要以上に構えず、しかし油断せず空の旅の窓口を楽しみたいですね。

この記事を読んでいただき、ありがとうございました。

※今回、外務省のページやフィリピン政府の公式ページなどを参考にしましたが、間違っていることがあるかもしれません。その場合、ぜひ教えてくだされば助かります。

※この情報は、2019年8月現在の情報です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です