タイ・バンコクのマムアンちゃんのお店に、小舟に乗って行く方法!

こんにちは、はなお(@oiuioi2)です。

2018年の11月にバンコクの旧市街にオープンした、マムアンちゃんのお店に行ってきました。

私がお店に行ったのは、オープンから数日後の12月4日。
サイアムにあったお店が閉店してから、半年とすこし。タムくんとVEEさんの投稿に、わくわくしてお店に向かいました。


お店の周辺には電車の駅がなく、なんと舟でお店に向かったのですが、BTSラーチャテーウィー駅から、舟に乗り換えてお店に行くまでのすべてがわくわくの、楽しい時間となりました。

この記事では、舟でマムアンショップへの行く方法、お店の様子を紹介したいと思います。

マムアンちゃんとは?

タイ人のウィスット・ポンミニットさん(通称タムくん)が2006年に日本で発表したキャラクター。現在は、日本でもタイでもしょっちゅう見かけますね。
私は2009年頃に友人に教えてもらって以来、タムくんの作品のファンになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAMUANG ONLINE SHOPさん(@wisutgoods)がシェアした投稿


マムアンショップの行き方・最寄り駅からの所要時間

お店の周辺には、電車の駅がありません。そのため、下記の3パターンから選ぶことになります。

  • バスで行く
  • 車で行く(Grab・タクシー)
  • 舟に乗って行く
私は、一番面白そうな「舟に乗って行く」ことにしました。
最寄り駅の一つ、BTSラーチャテーウィー駅からお店までは、Google Mapにあるように約20〜30分で行けます。
ただ、舟は15分間隔で運航されていることから、待ち時間がある場合もあります。

私の場合は、駅から舟乗り場まであるいて5-6分、舟で12分、あわせて30分程度で到着しました。

BTSラーチャテーウィー駅から、最寄りの舟乗り場Hua Changへ行く方法

携帯電話のGoogle Mapで、BTSラーチャテーウィー駅から舟乗り場Hua Changを指定して歩けば安心です。
特に、手順「6」と「7」が間違いやすいので、気をつけてください。

1
BTSラーチャテーウィー駅到着

2
2番出口を出ます

3
階段を降りる

4
VIE HOTELの看板を左手にそのまままっすぐ

5
さらに進む

6
突き当たりを右に曲がります(これは曲がって、歩く途中の視界)

目の前に桟橋が見えてくるのですが、これは逆方面行きです。7に進みます。

7
もう一度右に曲がります(Uターンする感じです)

8
白い階段をのぼります

9
のぼります

10
車を横目に歩きます

11
降ります

12
進む

13
Hua chang pierに到着です
ご覧の通り、観光用という感じではなく、住人の交通手段という感じですね、
バンコクの日常を感じ、わくわくしました。

舟に乗る〜乗車賃の支払いと、舟の降り方

次に、舟の乗り方から降り方です。

14
舟がきたら、乗ります
到着した舟に乗っている船員さんに、「Phanfa Bridge」と書かれたものを見せて、「うんうん」と言ってもらいました。乗車後、船員さんが運賃を回収しにきます。20バーツ前後?だったと思います。

川はこんなかんじです

15
Phanfa Bridge pier到着

10分と少しで、マムアンショップ最寄りのPhanfa Bridge pierに到着です。

※この時は、Hua chang pierから3つ先のPierでしたが、Google map上では4つのPierあるので、Pierが増えたのかもしれません。私はGoogle mapをみながら、降り間違えないように気をつけていましたが、運賃を払った船員さんが降りるよう促してくれました。

16
舟を降りたら、通りの方に歩く
このラマ7世・プラチャティポック王博物館(King Prajadhipok Museum)の向こうに、お店があります。

17
ラマ7世・プラチャティポック王博物館(King Prajadhipok Museum)を通りすぎる

18
道路を渡ります

19
あっ

20
MAMUAN SHOP 到着
タムくんとVEEさんご夫妻がいらっしゃいました!

バンコク・マムアンショップの様子

お店の様子ですが、タムくんとVEEさんがいらっしゃる中で、恥ずかしくて撮ることができませんでした。。
マムアンショップのオフィシャルサイトの写真で、お店の様子をみることができますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

by Wisut Ponnimitさん(@mamuangshopofficial)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

by Wisut Ponnimitさん(@mamuangshopofficial)がシェアした投稿


VEEさんのお洋服、VL BY LEEのお店も併設されています。すごくかわいい!見ているだけで魅力的です。だけど間違いなくわたしには着こなせない。。

 

この投稿をInstagramで見る

 

VL BY VEEさん(@vlbyvee)がシェアした投稿

マムアンショップで買ったもの

日本で発売したばかりだったマムアンちゃんのマンガ本と、2019カレンダーとステッカーを購入しました。
本当は猫のララちゃんグッズがほしかったのですが、この時はなかったです。


うちの猫のララちゃんと、タムくんの書くララちゃんが似ているのです。ぐうぜん。

まとめ

お店がある旧市街はアンティーク感が漂う、すてきな通りです。

下記の記事で、旧市街のこと、マムアンショップ周辺のお店のことがとてもすてきに紹介されていました。
参考 いまバンコクで注目の旧市街エリアを、漫画家・タムくん夫妻がのんびり散歩案内HereNow

タクシーやバスは便利ですが、遠足気分で舟に乗り、バンコクの日常を感じるのもおすすめです。
この後、また舟に乗ってラーチャテーウィー駅まで帰りました。書いていたら、またすぐにタイへ行きたくなります。。
読んでいただき、ありがとうございました。



バンコク・マムアンショップの情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください